rd-914lとrd-916lの違い タニタ体重計


タニタ体重計rd-914lとrd-916lの違い

自分の健康管理というのは難しいものですよね。そして中々続かない・・・。

こんな悩みを解決してくれるのがタニタの体重計です。体重計と呼んでいいものか、あらゆる方面から体のことを数値化してくれるので体重計の領域を超えてしまってる商品だと思います。

今回はタニタ体重計rd-914lとrd-916lの2つを比較していきます。ご興味のある方は是非このまま読み進めて下さい。

「rd-914lとrd-916lの違うところは?」

いきなりですが価格の違いです。両方とも性能が一緒で価格だけ違います。販売店にもよりますがrd-916lのほうが2000〜3000円安いです。

楽天

https://item.rakuten.co.jp/onesmart/4904785047778/ RD-916L(20,944円)

https://item.rakuten.co.jp/a-price/2980000236952/ RD-914L-BL(21,370円)

性能が一緒であれば安い方がお得!という理由で私はrd-916lをおすすめします。性能以外にデザイン種類と大きさや重さなども双方同じです。

ではなぜ同じ性能で価格が変わるのか。製品を作る時に自社ではまかないきれない部品は当然出てきます。そういった部品は仕入れる必要がありますね。仕入先によって価格が違いますから、それが製品価格に影響します。

また生産過程で例えばネジ2本でとめてた部品が必要がないと分かりネジ1本にしたりとか、塗装回数を減らすなどそういったことが背景にあります。

あげればまだまだ沢山ありますが、同じ製品を作るのでも数々の事が起こります。

予算などの制約もあり、型式を変えることで区別します。

それが価格の違いで現れるということです。

もちろんどちらも保証期間が1年です。そこの違いもありません。

「目的は健康管理!」

どちらもデザインや色がスタイリッシュです。しかし目的は体重や健康の管理です。そこが重要なので性能が同じであれば安価なrd-916lがコスパが良いです。

先にお伝えしたとおり体重計というよりは健康管理まで出来るのでダイエットだけではなく数々の方面から利用できます。

体脂肪、内臓脂肪、BMI、心拍数、筋肉量など測定可能です。

アプリと連動して毎日乗るだけで記録が出来て、最適なトレーニング量なども算出します。

数値化でひと目で分かるため、体調と数値を照らし合わせ自己管理をよりスピーディーにしてくれます。

ちなみに1台に対して4人まで登録可能です。乗ると自動認識してくれるのでとても便利です。登録してないと使えないわけではありません。アプリ連動が4人までで、その方達以外はゲストモードというもので使用出来ますよ。

「色の種類で何が変わる?」

rd-914lとrd-916lの両方にパールホワイト、メタリックブルー、メタリックブラックの3色があります。好みのものを買うのがおすすめです。全色に共通して言えることは体重計とは思えないくらいのスタイリッシュさがあることです。

rd-914lとrd-916lのどちらも色によっての性能の違いはありません。店舗によって色違いの金額は違いますが基本的に全色同じ金額です。

インターネットで買うのか量販店で買うのかとかで若干の金額差がありますが、rd-916lの方が安価です。安く購入出来ればそれはお得だと言えますね。動かすために単三電池4本必要なので、本体以外ではそちらに金額がかかります。とは言っても約6ヶ月間で交換の計算なので小額です。

補足

体重計に乗った時に数字の色も変わります。

問題がない範囲は青、肥満気味は黄色、肥満は赤で表示されます。即座に判断出来て便利です。またダイエット中にこの数字の色が変わってく嬉しさがあるので、モチベーションにも繋がります。

【まとめ】

タニタ体重計rd-914lとrd-916lはどちらもデザイン、サイズ、性能が同じです。rd-916lの方が安価ですので、結論としてはrd-916lの購入をおすすめします。

どちらか迷ってる方がいらっしゃいましたら参考にして頂けると嬉しく思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。